妊娠中の今からでも、葉酸サプリメントを飲んだ方がいいの?

そもそも、葉酸は、母体の貧血改善にも役立ち、早産や低体重児になるトラブルを防いでくれる大切な栄養素です。

 

さらに、最近では、研究が進み、赤ちゃんが脳や体を作って行く時に葉酸が必要になってくることから、妊婦さんには、通常の240μgにプラスして、さらに、食事から240μgの葉酸を摂るように推奨されています。

 

つまり、食事からの1日の葉酸摂取量は480μgということですね。

 

葉酸摂取の目安

 

※国民生活センター「胎児の正常な発育に役立つ『葉酸』を摂取できるとうたった健康食品」より

 

 

また、妊娠を計画している女性に加えて、妊娠1ヶ月〜3ヶ月までの間は、食事から摂る葉酸に、さらに上乗せして「モノグルタミン酸型の葉酸 1日400μg」の摂取が推奨されています。

 

妊婦1ヶ月〜3ヶ月 葉酸摂取の目安

 

 

そして、この「モノグルタミン酸型の葉酸」っていうのが、サプリメントなどの合成葉酸のことです。

 

つまり、妊娠してからも3ヶ月目までは、葉酸サプリでの1日400μgの摂取が推奨されている、ということになります。

 

葉酸を適切に摂取することによって、赤ちゃんが二分脊椎症や無脳症などの病気になるリスクを軽減することが出来ます。

 

 

葉酸は、赤ちゃんの成長には欠かせない栄養素

 

葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミンで、胎児の細胞分裂を活性化させる働きがあります。妊娠前から葉酸を摂取していると、胎児の正常な器官形成を助けて、無脳症や二分脊髄症などの、先天的な疾患を予防する効果が認められています。

 

妊娠を希望する女性は、妊娠する前から葉酸を意識して摂取するのが望ましく、厚生労働省からも推奨されています。

 

なぜ妊娠前かというと、胎児の重要器官が作られるのが妊娠の初期なので、妊娠に気づいてから葉酸を摂るよりも妊娠前からの方が、葉酸の効果が大きくなると考えられているからです。

 

最初のうちだけ葉酸をとればいいかというと、そうではありません。前述したように、貧血の改善や、早産予防にも効果があるため、妊娠中を通して、葉酸が不足しないように考えるのがおすすめです。

 

葉酸を多く含む食品は、ブロッコリーやケール、納豆やアスパラガスなどです。取りすぎもよくなく、過不足のないように気をつけましょう。

 

※葉酸の1日摂取量の上限の目安は、1,000μgです。

 

妊娠3ヶ月の妊婦ライフ
33歳、派遣会社で働くT.Hさんの場合(初産)

結婚2年めで、そろそろ赤ちゃんが欲しいなと思った矢先に、自然妊娠しました。夫婦一緒に検診を受けに行き、超音波で赤ちゃんの心臓が動いているのを確認。夫も感激して、夫婦で妊娠を実感しています。

 

食べつわり中なので、食べ過ぎにならないように気をつけています。主にフルーツでビタミンを補給。葉酸サプリメントやウエハース、ナッツや小魚で栄養のバランスをとってます。カルシウムも意識して摂るようになり、妊娠してから牛乳を飲むようになりました。

 

脚のむくみが気になるので、着圧ソックスを履いて、コンパクトなマッサージ機器でふくらはぎをほぐし、下半身の血行促進を心がけています。
電車通勤には、身体への負担が少ないリュックサックを使用し、マタニティマークもつけています。

 

妊娠4ヶ月の妊婦生活
35歳、専業主婦のM.Kさんの場合(初産)

つわりが急に悪化して、水分をとれない日もあり病院で点滴をしてもらうことも度々あります。食べれる時には、間食をヨーグルトにしたりヘルシーなものをとるようにして、栄養面でも工夫をしています。

 

体調がいい日には、生まれてくる赤ちゃんの小物を手作りしたりします。ベビー小物を作っていると、体調がよくなくても幸せな気分になります。

 

夫と一緒にベビー用品やベビーカーの下見をしたり、妊婦生活を楽しんでいます。妊娠前の下着では苦しくなってきたので、マタニティ下着を買い揃えました。

 

妊娠前にタバコを吸っていたけれど、赤ちゃんに影響ある?

 

赤ちゃんの器官形成期である、妊娠4週目から8週目の早い時期に喫煙を続けていると、流産がおこる確率が少し上がると言われています。

 

禁煙を続けて、妊婦健診をきちんと受けて、超音波検査などで赤ちゃんの健康状態を確認してもらっていれば安心です。

 

たばこには多くの有害物質が含まれています。妊娠中の喫煙は、赤ちゃんに影響する心配があります。喫煙を続けると、胎児が発育遅延を起こしやすくなったり、出産前に胎盤がはがれてします早期剥離のリスクが高まります。

 

喫煙は赤ちゃんに影響することもあるので、早い時期にやめることが大切です。