妊婦の茶でおすすめは?ノンカフェインで、鉄分、カルシウム入り

 

妊娠中は、カフェインがあまり良くないので、

 

 

 

 

コーヒーじゃなくて、お茶にしようかな。

 


 

という方も、多いと思うんですが、玉露や煎茶などの緑茶や、紅茶やウーロン茶などにも、意外にカフェインが入ってるんですよね。

 

以下に、文部科学省が公表している「いろいろなお茶のカフェイン量」をまとめてみましたが、

 

なんと、玉露にいたっては、実に、コーヒーの3倍近くのカフェインが含まれています。

 

飲み物名 カフェイン量 摘出方法
玉露 160mg 茶葉10gを60度の湯60mlで2分30秒浸出
煎茶 20mg 茶葉10gを90度の湯430mlで1分浸出
ほうじ茶 20mg 茶葉15gを90度の湯650mlで30秒浸出
玄米茶 10mg 茶葉15gを90度の湯650mlで30秒浸出
紅茶 30mg 茶葉5gを熱湯360mlで1分30秒〜4分浸出
ウーロン茶 20mg 茶葉15gを90度の湯650mlで30秒浸出
番茶 10mg 茶葉15gを90度のお湯650mlで30秒浸出
コーヒー 60mg コーヒー粉末10gを熱湯15mlで摘出

 

データ出典元:文部科学省 公表データ

 

日本食品標準成分表2015年版(七訂)
第2章 日本食品標準成分表 の

 

16 し好飲料類 PDFファイル

 

より、お茶やコーヒーに関する部分だけ比較表にしました。

 

そこで、ここでは、妊婦さんにおすすめのお茶として…

 

カフェインを気にせず飲めるノンカフェインのお茶だけに絞り込み、

 

さらに、妊娠中に、特に、意識して取りたい鉄分やカルシウムも、同時に含むお茶のみをピックアップしました。

 

母乳育児をしたい人に人気の「たんぽぽ茶」

 

たんぽぽ茶

 

まずは、ミルクよりも、出来るだけ母乳で赤ちゃんを育てたい人に人気の「たんぽぽ茶」です。

 

たんぽぽ茶はこちらから

 

こちらは、お茶どころは静岡県にある「ティーライフ」っていう会社さんの商品ですが、

 

天然のミネラルを多く含むマメ科の植物「ギンネム」をブレンドすることで、鉄分とカルシウムが、さらに強化されています。

 

妊娠中の水分補給に、カフェインレスの麦茶を飲んでいる人も多いと思いますが、たんぽぽ茶も、基本的には、同じような味で、ごくごく飲める系のお茶です。

 

ティーライフさんのたんぽぽ茶の場合は、これに、さらに、北海道産の黒豆もブレンドされているので、麦茶よりは少し甘めで、香ばしいような風味に仕上がっています。

 

紅茶っぽい味が好きな人には「ルイボスティ」

 

ルイボスティー

 

普段は、紅茶を飲んでいるのだけど、カフェインが入っているので、なにか代わりの飲み物ない?

 

…っていう人におすすめなのが「ルイボスティ」です。

 

ルイボスティーはこちらから

 

もともとは、南アフリカの先住民たちが「不老長寿のお茶」として飲んでた…っていうのだから、その歴史は古いですよね。

 

健康のために、古くから飲まれていたお茶だけあって、ノンカフェインかつ、鉄分やカルシウム、マグネシウムなどのミネラル分も多く含んでいます。

 

さらに、ティーライフさんのは、コスパもいいので、妊娠中に飲み始めたけれど、その後も、子供たちと一緒に、すっと飲み続けている、という人もいます。

 

貧血が気になる人には「ローズヒップティ」

 

ローズヒップティ

 

ビタミンCがレモンの20倍、ビタミンEが玄米の14倍、カルシウムが牛乳の8倍…と、栄養豊富で、ビタミン爆弾とも言われているのが「ローズヒップティー」です。

 

ローズヒップティーはこちらから

 

鉄分もレタスの9倍入っているので、貧血が気になる妊婦さんに選ばれています。

 

スーパーなどで売ってる市販のものは、ハイビスカスがブレンドされたりしていて、そういうタイプは、けっこう酸っぱいですが、上記で紹介したのは、100%のローズヒップティーです。

 

100%ローズヒップティーは、トマトのような酸味で、ハチミツを入れると、ちょっと杏(アンズ)のような味になります。

 

 

血糖値が気になるなら「桑の葉茶」

 

桑の葉茶

 

漢方にも使われる桑の葉を使った「桑の葉茶」も、ノンカフェインで、鉄分やカルシウムが含まれています。

 

桑の葉茶はこちらから

 

また、桑の葉は、血糖値の上昇を抑えてくれるという「デオキシノジリマイシン」という物質を含んでいるので、妊娠糖尿病を気にする妊婦さんに選ばれています。

 

参考:
桑の葉で糖尿病を防ぐ(PDFファイル)
農研機構

 

上記で紹介したのは、粉末タイプですが、急須で淹れる茶葉タイプや、やかんで煮出して飲めるティーバッグタイプなどもあります。

 

 

妊娠中の「むくみ」が気になるなら「杜仲茶」

 

杜仲茶

 

妊娠中の「むくみ」や「体重増加」を気にする人に人気なのが「杜仲茶」です。

 

杜仲茶はこちらから

 

妊婦さんも飲めるノンカフェインで、鉄分、カルシウムのほか、カリウム、マグネシウム、亜鉛、食物繊維なども含まれています。

 

妊娠中に味覚が変わり、塩分を取りすぎてしまうと、体内のナトリウム濃度を下げようとして、水分を、たくさん溜め込んでしまいます。

 

この状態が「むくみ」です。

 

杜仲茶に含まれるカリウムには、余分な塩分を排出して、体内の水分量を調節してくれる働きがあります。

 

また、体重増加に関係しているのは、杜仲茶に含まれる「アスペルロシド」と「ゲニポシド酸」という成分です。

 

利尿効果、便通改善、中性脂肪、内臓脂肪など、杜仲茶の健康効果については、さまざまな研究がなされていますが、より詳しく知りたい方は、日本杜仲研究会のホームページをご参照下さい。