妊娠中の甘いものがやめられない!妊婦の糖分の取り過ぎは良くないの?

 

妊娠中は嗜好の変化があるので、無性に食べたくなるものが出て来たりしますよね。

 

ケーキ

 

私の場合は、レーズンでした。

 

レーズンは、鉄分も含まれているので、自分の中ではヨシとしてました。

 

妊娠中は、人によってつわりがひどくて、お米がまったく食べられなかったりなど、通常の食事がとれないこともあります。

 

ですから、口にできるものなら、基本的になんでも食べた方が精神的にも安定していいと思われます。

 

ただし、限度というものがあるので、ある程度は我慢というかセーブした方がいいです。

 

また、対象が、お菓子などの甘い物の場合は、気をつける必要があります。

 

糖分のとり過ぎになるからです。

 

糖尿病という血糖値が高くなる病気は、ご存知の方も多いでしょう。

 

糖尿病は自覚症状に乏しいため、患者さんの多くは、ご自身が糖尿病であることに気づいていないことが多いそうです。

 

妊娠して初めて、血糖値を調べて「糖尿病」と診断される場合もあります。

 

糖尿病は、インスリンの働きがうまくいかない病ですが、妊娠するとホルモンの関係で、インスリンを壊す酵素が作られたりするので、ますますインスリンが効きにくい状態になり、血糖値が上昇しやすくなります。

 

健康な妊婦さんなら、すい臓からインスリンが多く分泌されて、バランスをとります。

 

しかし、インスリンの働きがよくない場合は、常に血糖値が上昇してしまいます。

 

お母さんの妊娠初期の血糖が高いと、先天奇形が起こりやすくなるとも言われていますので、糖分の取り過ぎには注意しましょう。

 

どうしても甘いものが欲しい時は、ドライフルーツや、黒砂糖を使った和菓子を選ぶと、糖分少なめな上に、ビタミンや食物繊維もとれるので、おすすめです。