妊婦って、お寿司は食べてもいいの?

 

生鮨

 

妊娠中に食べたものの影響は、そのままおなかの赤ちゃんに影響するので、妊婦になるとは食べ物に神経を使いますね。

 

一般的には、何でもバランスよく食べることが推奨されています。

 

お寿司も例外ではありません。

 

妊娠していても、たまに食べるくらいなら、お寿司を食べても構いません。

 

その時に注意したいのは、同じネタばかりをたくさん食べないことです。

 

生の魚の場合、調理した魚よりも食中毒の可能性が大きくなります。

 

大量に食べ過ぎないようにしましょう。

 

いかやさば、アジ、鮭などには、「アニサキス」という寄生虫がいることがあります。

 

感染すると、食後数時間の間に激しい腹痛と嘔吐を引き起こします。

 

「アニキサス」は、加熱や冷凍で死滅させらるので、調理された魚を食すほうが、安心といえます。

 

魚には、良質のたんぱく質や脂質があるので栄養の面では良いのですが、海や川にある汚染物質を取り込んでいることが心配です。

 

水銀の濃度が高くなりやすい魚として、キンメダイ、メカジキ、クロマグロ、メバチマグロ、ミナミマグロなどがあげられています。

 

天然のブリもダイオキシン類の蓄積が高濃度という調査結果もでています。

 

魚の種類が偏らないよう、また、量も多くなりすぎないように気をつけた方が懸命です。

 

お寿司が大好きで、どうしてもやめられない場合は、ちらし寿司などで代用してみてはいかがでしょうか?

 

一年弱の妊婦生活ですから、出産後にたらふくお寿司を食べるのを楽しみにしてもいいですね。