辛いもの好きの妊婦です。辛子明太子とか、食べたらダメなの?

 

辛子明太子パスタ

 

妊娠中といっても特別な食事をするわけではありません。

 

ただ、栄養素の過不足がないように、バランスよく食べるようにします。

 

おなかの赤ちゃんの成長に、必要な栄養分と自分の分を食べるということです。

 

なので、適量であれば辛いものも食べてOKです。

 

妊娠中にオススメのレシピ集を見ても、ふつうにキムチあえやピリ辛煮などのメニューが載っています。

 

辛いものが、絶対にダメではないことがわかります。

 

食欲がわかない時には、上手に取り入れて必要な栄養をとることもできますね。

 

辛いものとはかぎりませんが、香辛料の中には、子宮の収縮作用のあるものもあります。

 

事前に調べておくほうが、安心です。

 

代表的なハーブは、ローズマリーやシナモンです。

 

辛子明太子などの辛い食材は、塩分も多めのことが多いので、塩分の過剰摂取にも気をつけましょう。

 

妊娠中はむくみやすいですし、妊娠高血圧症候群になりかねません。

 

塩分が多いかな、と感じたら、カリウムを多く含むもの(果物・野菜・いも・海藻)を一緒に食べて、ナトリウムを体外に排出するようにしましょう。

 

また、塩辛いものは、食欲を増進されるので、食べ過ぎにも気をつけたいです。

 

必要以上の体重増加は、母体にもおなかの赤ちゃんにも負担になります。

 

香辛料を多く使うタイ国では、妊娠中に辛い料理ばかり食べているとハゲの子どもが生まれると言われているそうです。